結コラム

COLUMN

WEB診療予約
  • HOME
  • 結コラム
  • コロナ禍での生活で、生活習慣病リスク悪化

コロナ禍での生活で、生活習慣病リスク悪化

2021年10月10日

婦人画報の特集記事を転載、紹介します。

このコロナ禍での生活変化により、生活習慣病リスクがどう変化したかを探る実態調査(*)が行われました。調査では、半数以上の医師が受診者の「HbA1cが悪化」、8割が「糖尿病リスクが高まっている」と回答。一方、一般生活者への調査では「4人に1人がコロナ太り」「半数がコロナ禍で健診や人間ドックを未受診」「6割以上が糖尿病検査としてHbA1cを知らない」と回答しました。

当院でも約10分で検査結果が分かる「HbA1c迅速検査機器」を導入していますので、是非、ご利用ください。

記事リンク先
→ https://www.fujingaho.jp/lifestyle/beauty-health/a37615972/kenkokeyword-hba1c-211009/

このページのトップへ