結コラム

COLUMN

FreeStyleリブレのちょっと残念なこと

2021年2月16日

前回に引き続きリブレについて取り上げたいと思います。

良い事ばかりではなく今回はあえて残念に思うことです。

  • 1,装着している部分の皮膚がかぶれる
  • 2,間質液中のグルコースを測定しているため血糖値との乖離が生じることがある
  • 3,物理的刺激などでセンサーが外れてしまうことがあり、一度はずれると再装着ができない
  • 4,装着時に痛いこともある
  • 5,薄着になると周りからの目が気になる
  • 6,運動などで多量に汗をかくと測定できない事がある

 

一番は皮膚障害ではないでしょうか?左右交互に装着したり、保護剤を使ったり…と色々工夫されていらっしゃるようです。

 

測定器の進化はすばらしいので、今後は上記のような点も改善した製品を開発していただけるかと期待しております。

このページのトップへ