結コラム

COLUMN

『FreestyleリブレLink』のご紹介 その2

2021年3月12日

前回風間院長よりFreestyleリブレLinkについての概要をお伝えしましたが、今回はもう少し詳しくお知らせしたいと思います。

その1

 いままではパソコンに接続しデータ取り込みをしないとわからなかった推定HbA1c等のレポートを、リブレLinkではスマホで随時見ることができます。

その2

 医療者とのデータ共有可能

 医療施設が『リブレView』を使用している場合、スキャンした値やメモなどアプリに入力した情報を、主治医をはじめ医療従事者とデータ共有することができます。データ共有可能かは主治医にご確認ください。

 

その3

 メモ機能の充実

 リーダーでは文字入力はできませんでしたが、リブレLinkでは250字まで入力可能となっております。

このページのトップへ