結コラム

COLUMN

武蔵関公園のメドゥーサ

2020年8月7日

時々武蔵関公園を散歩させていただいております。

感心するのは、この地域の方々の健康増進に対する意識の高さです。暑い中でも、皆さんマスクを着けながら、ウォーキングやランニングに励まれていますね。体操や太極拳に熱心に取り組まれているお姿も拝見いたします。

同時に素晴らしいと思うのは、ゴミがほとんどなく、他の公園と比べてカラスの数が少ないことです。地域住民の方がこの公園を愛し、環境保全に尽力されてこられたのでしょう。武蔵関公園との<ゆい>を感じます。美しいカワセミさんと、これほどの高頻度で出会うことができるとは思いもよりませんでしたし、カモさん達は1m以内に近づいても逃げ出さないのでとても嬉しくなります。未来の住民たちのためにも、この自然をしっかりと残していきたいものです。

 

しか~し、

ヘビさんにご注意を。

一緒に観察されていた方によると、シマヘビだそうです。毒を持っていませんが、噛まれると非常に痛いとのことです。別日のことですが、池を泳いでいるヘビに見入っておりましたら、目の前の欄干に既にもう一匹が先着していて鎌首をもたげていました。お見合いとなり、メドゥーサに石化された如くに私は固まってしまいました(よって写真は撮っていません)。幸い噛まれずに済みましたが・・・。武蔵関公園を散策される際は、念の為ヘビさん達にもご用心なさって下さい。

このページのトップへ