結コラム

COLUMN

WEB診療予約

鼻汁と漢方薬

2021年2月8日

こんにちは。木曜日診療担当の今野です。

今度はどろっとした鼻汁が喉にたれ込んでくる、鼻づまりがありなんだか熱が籠もってい
るような感じがするというタイプの鼻汁、鼻閉の方に有効な漢方薬です。排膿散及湯といいます。小青竜湯が水のようなさらさらした鼻汁の方に有効だったのに対
して、排膿散及湯が対象となる鼻汁はどろっとした、膿に近いような鼻汁の患者さんです

炎症を抑える効果もあるので、歯槽膿漏など歯科領域の急性炎症の治療に用いられること
もあります。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)があり、ずっとどろっとした鼻汁が絶えないという方、あるいは
そういう鼻汁が喉の方にたれ込んでくる方(「後鼻漏」と言います)などではとても良い
適応です。
是非、鼻閉が辛い、鼻汁がどろっとしている、子供の頃から蓄膿症があるというような方
は排膿散及湯、お試しください。
それではまた。

このページのトップへ